太陽光発電の歴史


出来事
1954
アメリカの研究者ピアソンがpn接合を発見し、太陽電池発明に繋がる大発明となった。
1958
太陽電池が世界で初めて実用化される。
1973
第一次石油危機が日本経済を直撃した。
これを機に、太陽光エネルギーに目を向ける契機となった。
1974
第一次石油危機を機に、エネルギー調達手段や
石油に頼りすぎている産業構造に対して考え直す。
1980
太陽光エネルギー開発体制が整ってくる。
1993
エネルギーセキュリティを目的としたサンシャイン計画が時が経つにつれて
地球環境問題への取り組みへと変化する。ニューサンシャイン計画の進行。
1999
省エネルギーを意識した建物づくりを浸透させ、太陽電池生産量が世界一になる。
2002
PRS法の成立。
2007
世界で利用されている太陽光発電システムの生産の大半を占める。
しかし、ドイツに太陽光発電システムの設置数を追い越されてしまう。