太陽光発電について

仕組みの説明

太陽光発電とは、基本的には、太陽から受けた光エネルギーを電気エネルギーに変換して使用します。
その変換の際には、太陽光発電システムと呼ばれる特殊な装置が必要となります。
しかし、家庭で行われる物の中には、太陽光の熱をそのまま使用するという場合もあります。
主に、お風呂や暖房の為に、水や空気を温めるといった用途です。こちらも、太陽熱温水器と呼ばれる装置を使用する必要があります。




利点

再生可能エネルギーを使用しているので、温室効果ガスなど、環境に悪影響を及ぼすものを排出しません。
平地を利用した大規模な発電から、各家庭の屋根や外壁などに取り付ける小規模な発電まで、スケールの幅が広いため、便利です。
そのスケールの幅の広さを利用した、個人で発電ができる数少ない発電です。
断熱効果もあるため、家庭で使用する際には夏でも安心です。
非常用の電源としても、手軽に使うことができます。
発電時に騒音や振動が発生しません。


問題点

雨天曇天などの天候だと、日光が届かないので、発電することができません。
また、夜間に発電することができません。
台風などの自然災害が起こると、パネルが吹き飛ばされてしまう可能性があり、危険です。
大規模に行う場合は、大量の敷地や費用が必要となります。
ソーラーパネルの定期的なクリーニング、点検が必要となります。
パネルの点検を怠ると、発電効率が悪くなり、故障の原因にもなります。


補足説明

夜間に発電できないため、昼は電気料金が多少浮いたとしても、夜は電力会社から売電しなければならない。
個人で発電をする際は、国や地上自治体からの補助金がでます。(※すべての太陽光発電に対応しているわけではありません)
数少ない個人でできる発電方法で、工夫次第で日本を背負う発電になるかもしれません。