節電


照明に関する節電方法



必要ない照明は消す

無駄な照明を消すことで、無駄な電力の消費を抑えます。


昼間は照明を消灯する

昼間は太陽光で明かりが足りる時があるので、照明を使用せずに済みます。


夜間など照明が必要な場合でも、明るさを一段階低くする

明るさを段階的に調整できる照明の場合は可能です。


トイレやお風呂の換気扇を無駄に回し続けない

換気扇は気付いたら付けっ放しになっていることが多いと思います。


照明が白熱電球をの場合はLEDの物に変える

LEDを使用した照明は、白熱電球に比べてエネルギー変換効率が非常に高いため、節電につながります。




携帯電話などに関する節電方法


Wi-Fiを、使用していないときにoffにする

携帯電話はWi-Fiを見つけるために電力を消費している為です。


使用していないアプリなどは消す

使用していないときに大量の電力を消費しているためです。


Bluetoothはできる限りoffにする

使用していないときに大量の電力を消費しているためです。


画面の明るさを抑える

充電の減りも遅くなります。



携帯電話は、頻繁に使う人が多いと思うので、少し気を付けるだけでも大量の電力の節電につながると思います。




電子機器に関する節電方法


頻繁にスイッチを付けたり消したりするのはなるべく控える

暖房や冷房は、作動している間よりも作動し始めや終わりの時に多くの電力を消費するためです。


掃除機などの掃除にかかわる電子機器は、部屋を片付けてから使用する

物が片付いた部屋でかけることによって、効率が上がります。


使用しない電化製品や電子機器はこまめにコンセントを抜く

コンセントは指しているだけでも電力を消費しているためです。




節水に関する節電方法


トイレの洗浄の際は大と小を使い分ける

一回で最大2Lの節水につながります


歯磨きの際に、手で水をすくうのではなくコップを使用する

一回でおよそ5Lの節水につながります


お風呂に入る際はシャワーをこまめに止めて使用する

一回でおよそ8Lの節水につながります


お風呂の残り湯を洗濯に再利用する

一回でおよそ90Lの節水につながります



浄水場や下水処理場での水の処理の際に、膨大な量の電力を使用します。
なので、節水が節電に伝わります。